【初心者向け】冬のソロキャンプに最低限必要な装備や注意点を解説

ソロキャンプ


冬キャンプって実際どうなの?初心者でもできるの?

こう思っている方は多いと思います。

今回はそんな方に向けて、冬ソロキャンプの魅力や服装、最低限必要な装備を解説していきます。

冬にソロキャンプに行ってみたい方は、ぜひお読みください。

 

冬キャンプの魅力

初めに、冬キャンプの魅力を紹介していきます。

寒い冬にキャンプなんかできるの?と思う方も多いですが、冬キャンプの魅力を知ったら、冬キャンプに興味を持ち、行かないといられなくなるでしょう。

1スッキリした空気と空

冬は夏場と違い、気温は低く空気がスッキリとしています。

空気がスッキリとしているおかげで空も透き通っており、寒いですが快適さはすごくあります。夏場はジメジメとしているので汗をかいたりして気持ち悪くなりますが、冬はそんなこともありません。

身体も空気も空もスッキリとしていて、気持ちの良いキャンプができるのが魅力の一つです。

2虫がいない

虫がいないのも、冬キャンプの魅力です。

虫が苦手な方でも安心してキャンプができますし、苦手ではない方からしても、蚊や蜂、ムカデなどの虫に悩まされるのは嫌ですし対策するのもめんどくさいですよね。

しかし冬は虫がいないので、虫にビビらずにキャンプができますし、虫よけ対策をしなくても大丈夫になります。

3満点の星空

冬の星空って超綺麗です。

さっきも言ったように、空気がスッキリしているおかげで空も澄み切っているので、星空がより鮮明に見ることができます。

さらに、街灯りのない自然に囲まれたキャンプ場の場合は特に綺麗に見ることができるでしょう。

寒い冬の夜、焚き火と料理で温まりながら満点の星空を眺める。想像しただけでもロマンが合って良いですよね。

4焚き火

冬キャンプと焚き火の相性ってすごく良いです。

手もかじかむ寒い冬に、パチパチと音を立てながら燃える焚き火があると、体も心も温かくなります。

暖房や室内ストーブなどの電気製品では味わえないような、太古の人々が使ってきた自然の温もりを感じることができるでしょう。

 

冬ソロキャンプの服装

では、冬キャンプでの服装を紹介していきます。

本格的なキャンプ用の服装ではなく、キャンプに知識がない方やあまりしたことがない方でも今すぐに揃えることができて、なおかつ寒さも防げる服装ですので安心してください。

冬キャンプの服装は、以下の5点です。

・ダウンジャケットとダウンパンツ

・インナー

・保温性の高い靴下

・手袋

・ネックウォーマー、ニット帽

この5つだけあれば、しっかり寒さも防いでくれますし、日常でも使う物ばかりなので簡単に用意することができるかと思います。

 

冬ソロキャンプに最低限必要な装備

では、冬ソロキャンプに最低限必要な装備を紹介していきます。

初心者の方でも簡単に揃えることができるように、必要最低限に絞って紹介していきますね。

1テント

一つ目は、テントです。

初心者が冬ソロキャンプで使うテントを選ぶ際のポイントは、

・設営が比較的簡単なこと

・寒さから守ってくれる冬用のもの

・持ち運びがしやすいもの

主にこの3つです。

寒さ対策をしなくてはいけないので冬用の厚みのあるテントが良いですが、設営が難しく重くて持ち運びがしにくいものであれば初心者の方は使えずに失敗してしまう恐れがあるので、きちんと3つのポイントに当てはまっているテントを選ぶようにしましょう。

2グランドシート

2つ目は、グランドシートです。

グランドシートとは、テントの下に敷くシートのことで、地面からの冷気を遮断し、でこぼこの地面や石ころなどからテントを守ってくれる優れものです。

居心地の良さやテント自体を守ってもらうためにも、1枚用意しておきましょう。

3シェラフ(寝袋)

3つ目は、シェラフです。

寒さにやられずに快適に眠るために、シェラフは必須です。

夏のキャンプはシェラフが無くても快適に寝られますが、冬はシェラフがないと寒すぎて眠れませんから(笑)

保温性と保湿性に優れた、できればダウン素材の冬用シェラフを選びましょう。

4焚き火台

4つ目は、焚き火台です。

焚き火台は季節関係なく必要なのですが、冬キャンプとは特に相性が良く、調理としても暖房器具としても使うことができます。

選ぶ際のポイントは、折り畳み式のコンパクトサイズで持ち運びがしやすいものを選びましょう。

いろんなメーカーが、ソロキャンプ用のコンロとしても使える焚き火台をたくさん販売しているので、そういうところから選ぶのがオススメです。

5クッカー(調理器具)

5つ目は、クッカーなどの調理器具です。

コンロだけだと焼肉くらいしかできないので、鍋や炒め物を作るときにも使えるクッカーが必要です。

クッカーは軽くてミニサイズですが、それでも1人分の鍋や炒め物などの料理は作ることができるので、ソロキャンプにピッタリです。

たまに本格的な鍋を買ってしまう人がいるのですが、まだキャンプに慣れていない内はクッカーの方が使いやすいですし、十分に楽しめます。

クッカーセットは安価で売られていますし、必ず揃えておきたいアイテムです。

6食料

6つ目は、食料です。

カップラーメンやパックご飯などの簡単な食料も良いですが、クッカーもあるので簡単な鍋や炒め物もおススメします。

初心者の方でも比較的簡単にできますし、特に寒い冬に温かい鍋は最高なので、ちょっとした野菜や肉を持っていきクッカーで作ってみてはいかがでしょうか?

7ランタン

7つ目はランタンです。

日帰りキャンプでは必要ないのですが、1泊するときは光となるランタンが必要です。

暗くなってから調理や片づけをする際は辺りを照らす光が必要ですので、ランタンは用意しておきましょう。

8カイロ

8つ目は、カイロです。

カイロは寒さ対策として優れたアイテムですよね。

握るタイプのカイロは邪魔になることが多いので、身体に貼るタイプのカイロをいくつか持参しておきましょう。

 

冬ソロキャンプを楽しもう!

いかがでしたでしょうか?

冬キャンプは寒いので行かない人も多いのですが、そんな方が知らない魅力がたくさん詰まっているので、個人的にはどの季節のキャンプよりも一番冬キャンプが好きです。

寒さ対策だけしっかりとしておけば、快適で魅力ばかりの楽しい冬ソロキャンプを満喫することができるので、ぜひ初心者の方も冬ソロキャンプをやってみてください!

kei_blog

kei_blog

アラフィフ多趣味な投資家です! この年になっても、好奇心が旺盛で色々な事に まだまだ興味があります! 毎日を楽しく過ごすこと! ストレスはためない、悩まない、常に前向き! これが僕の健康方法です。 色々な話題にふれますので、良かったら読んで下さいね^^!

関連記事

特集記事

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
kei_blog

kei_blog

アラフィフ多趣味な投資家です! この年になっても、好奇心が旺盛で色々な事に まだまだ興味があります! 毎日を楽しく過ごすこと! ストレスはためない、悩まない、常に前向き! これが僕の健康方法です。 色々な話題にふれますので、良かったら読んで下さいね^^!

ランキング

  1. 1

    料理しないソロキャンプのすゝめ【実はメリットばかり】

  2. 2

    【四国】ソロキャンプ初心者でも安心して楽しめる無料のキャンプ場

  3. 3

    ダークストア 10分で届ける宅配専門スーパーOniGO 目黒に1号点!メリット・デメリット!

  4. 4

    初めてのソロキャンプでも美味しい朝食を!簡単にできるオススメの朝食

  5. 5

    雨の日でもソロキャンプは楽しめる!雨の日の魅力や装備、注意点を解説します!

  6. 6

    【ソロキャンプ】迷惑キャンパーにならないために守るべきマナーを紹介

  7. 7

    初ソロキャンプでの食事は焼肉1択!その理由と、その他の食品やオススメ調味料も紹介!

  8. 8

    【初心者向け】ソロキャンプで簡単にふっくら美味しいご飯を炊く方法を解説!

  9. 9

    ソロキャンプの寒さ対策に薪ストーブをオススメしない理由【寒さ対策の方法も解説】

  10. 10

    【初心者向け】ソロキャンプ時の炭の選び方は?オススメの炭も紹介

TOP