夏は汗をかいたり、暑さで体温の上昇を防ぐために水分補給を欠かさなかったのに、冬になるとあまり水分補給をしてない事に気付く

便利

気が付くと、背筋がリアルに凍る季節になってしまいましたね。

 

あの、漕げるような暑さの夏の事を思い出そうとしてみると、何故か夏の暑さの事なぞどこの異世界の話かな?と言う位に忘れてしまっているかも知れません。

 

人間の記憶と言うのは上手い事出来ていて、妊娠出産して陣痛からの出産の痛みはかなり強烈なモノだと言うのに、出産して育児をしている間にその痛みを忘れてしまうと言うから驚きです。

 

忘れてしまうからまた2人目~3人目を出産して人類は繁栄してきたので、ある意味この夏の暑さを忘れると言う機能も、毎年巡ってくる季節を毎回新鮮に感じられる様にするために編み出した生命の神秘なのでしょう。

 

夏の暑い状態を思い出すのが難しくなっていますが、暑さを緩和するために浴びる用意水分補給した記憶は残っていると思います。

 

熱中症対策と脱水症状対策で、たくさん冷たい飲み物を飲んだ日々だったので、身体の中では水分が満たされていていつでも潤っていたと思うのです。

 

所が、今は寒くて水分補給をして熱を下げると言う行動を一切しなくても良い状況になっている事から、頻繁に水分補給をしない状態になっている事に気付いている人も居る事でしょう。

 

喉が渇いたな?と明確に意識しなければ、水分を補給する行動を起こさない生活をしている気がするのです。

 

夏の間に誰からか聞いたかもしれませんが、人体は出来れば毎日約2リットルの水分補給をするのが望ましくて、特に寒いので暖房器具の前に長時間居続けたりしている場合は、身体や皮膚からかなりの水分が蒸発してしまっている事を意識して欲しいですね。

 

人体では乾燥が進むと色んな所に不具合的な状態が発生しやすいので、夏の様に飲むのは難しいかも知れませんが、こまめにお茶やお湯を飲んだり普通に水を飲んだりしてもジュースでも、とにかく水分補給をするタイミングを増やしてみてください。

 

水分補給を怠っているとまず、肌や頭皮が乾燥してきて肌から白い粉が吹いたりフケが出てきたりしますし、血液がドロドロになりやすくなったり頭痛がして来る事もあるのです。

 

頭痛がすると言う症状が一番危険なので、特に何も症状が出ないうちから水分補給をしっかりしていく事をお勧めします。

 

また、水分補給を怠って肌が乾燥して行くと、肌の老化が促進しやすくなったりもするので気を付けて欲しいですね。

 

そんな感じで、実は冬になると水分補給をするタイミングが減ると言う話でした。

 

出かける時はバッグに、水かお茶の入ったペットボトルを忍ばせておきましょう。

 

kei_blog

kei_blog

アラフィフ多趣味な投資家です! この年になっても、好奇心が旺盛で色々な事に まだまだ興味があります! 毎日を楽しく過ごすこと! ストレスはためない、悩まない、常に前向き! これが僕の健康方法です。 色々な話題にふれますので、良かったら読んで下さいね^^!

関連記事

特集記事

カテゴリー

最近の記事

  1. 今年の冬もラニーニャ現象が来ていて、12~1月が寒いらしい事

  2. アニメでも漫画でもアイドルでも、推ししている存在が居ると言うだけで人生を豊かに出来る可能性

  3. キャンプで焚き火するなら、ベルモントこの火バサミがおすすめ!

TOP