今年の冬もラニーニャ現象が来ていて、12~1月が寒いらしい事

日常

実は昨年の冬も来ていたのですが、昨年は来る時期が早くて9月頃から急に一気に秋が来てしまった記憶があるかも知れません。

 

今年は今しがた来ましたね?と言う感じで、つい先日からラニーニャ現象が猛威を振るい始めた感じですが、この寒さは来年1月いっぱい頃まで続く予想が出ています。

 

この辺は、各種お天気サイトや気象庁などに詳細が載っていると思うので、気になった方は見に行ってみてください。

 

そもそもラニーニャ現象とは一体なんぞや?と思った方に物凄く簡単に説明しますと、要は日本列島に全体的に冬の凄く寒い寒気が覆いかぶさりやすい状況になる、そんな感じです。

 

普段の普通の冬では頑張っても日本海側までしか覆いかぶさってこない寒気が太平洋沿岸部の地域まで被さるので、普段は滅多に積雪の無い地域でも今年は雪が降る可能性が高いので、早めに雪かき用品を準備したり車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換しておいた方が良いかも知れません。

 

もう急にまだ11月終わっていないのに真冬の様に雪が降り始めている地域も出てきているので、ラニーニャ現象は危険!と言う気持ちで待ち構えていた方が良さそうです。

 

因みにもし、今年はラニーニャ現象が無くて普通の冬だった場合は、温暖化の影響で暖冬になっていた可能性が高いと言われていますが、その辺はまだ分かりません。

 

と言うのも、ラニーニャ現象の他にも地球の全体的は環境変化で今はミニ氷河期に入っているらしいと言う話も出ているからです。

 

先日開催されたコップ26と言う環境会議の中では触れられることが無く、ただ二酸化炭素の排出量削減を悶々と話し合っていた様ですが、二酸化炭素の影響で温暖化が促進しているお陰で氷河期の進行が遅れていると言う話もあるので、本気で氷河期と向き合いたいならまず今は温暖化を止めない方が良いのかも知れません。

 

と、ちょっと話が逸れましたが、要はラニーニャ現象が来なくても地球は寒くなる方向に向かっていると言う事実がある様です。

 

詳細はまだ報道される段階にまでは行ってないかもですが、2030年頃には何らかの気象現象が加速して来るかも知れませんね。

 

早めにミニ氷河期の事を知りたい場合は、氷河期来ているとかワードを入れて検索してみてください。

 

結構ぞろぞろと結果が出るので驚くと思います。

 

とりあえずは、今は今年のラニーニャ現象と上手く付き合っていくためにも、暖房器具を見直してみたり、暖かい服装を充実させてみる所から始めて行くと良いでしょう。

 

kei_blog

kei_blog

アラフィフ多趣味な投資家です! この年になっても、好奇心が旺盛で色々な事に まだまだ興味があります! 毎日を楽しく過ごすこと! ストレスはためない、悩まない、常に前向き! これが僕の健康方法です。 色々な話題にふれますので、良かったら読んで下さいね^^!

関連記事

特集記事

カテゴリー

最近の記事

  1. 今年の冬もラニーニャ現象が来ていて、12~1月が寒いらしい事

  2. アニメでも漫画でもアイドルでも、推ししている存在が居ると言うだけで人生を豊かに出来る可能性

  3. キャンプで焚き火するなら、ベルモントこの火バサミがおすすめ!

TOP