人生で初めて行った歯科医院が楽しかったら、その後の人生で他の歯科医院にかかっても嫌な感じがしなくなる事

便利

人間、色んな病やケガや症状などで何かしらの病院や医院にかかる事がありますが、中でも精神的にも肉体的にも苦痛を感じやすいのは歯科医院かも知れません。

何と言うか、口の中の歯の虫歯を治療してくれると言うありがたい存在ではあるのですが、いかんせんあのドリルの歯を削る音と振動を苦痛に感じない人なんて居ないのではないでしょうか。

小さい子供の頃から虫歯になると、当然大人も通っている歯科医院に通院する事になるのですが、小さい頃の最初の第一印象が良くないと、大人になってからの歯科治療ライフに対して楽しさを微塵も感じない人生になるのです。

歯科医院が楽しいと感じられる空間だと子供の時に感じられた人は、大人になってもそんなに怖いキツい所だと言う認識を持たずに通院する事が出来るのですが、子供に対して歯科医院は怖くないよと教えてくれる名医に出会わなければ難しいと思います。

では、どんな歯科医院の先生が子供の歯医者嫌いを克服させてくれるのか?と言うと、治療中の口を開けている時に面白い事を言ってくる先生です。

口を開けていて治療を受けている最中なのに、本当は大笑いしたい位の面白い事を言ってくる先生に出会うと、次の通院が楽しみになって来るのです。

小学生の頃に出会うのが理想的ですが、こんな感じの先生は100人歯科医が居た場合2~3人居るかどうかだと思います。

また、最近では待合室に子供が退屈しないような本や玩具が置いてある所も増えてきていますが、その中の玩具に気になるものがあると言うのも歯科医院の印象をかなり良くしてくれる事が多いです。

歯科医の腕前が更に良かったりすればなお良いのですが、子供向けの本や玩具が充実している待合室のある歯科医院は反面、先生はあまり子供が得意ではない場合があったりするので、この辺は数回通院してみてから判断すると良さそうです。

そうして楽しい?かも知れなかった子供時代の歯科医院の通院と言う経験を経て大人になると、大人になってからかかった医院の先生が子供時代にかかった先生とは全く違った先生だったとしても、子供時代に感じた歯科員は怖くないし嫌な感じはしなかったと言う印象は大人になっても継続して行くので、ある意味自分の症状を楽しみながら理解していく事が出来るでしょう。

もしこれからどこかの歯科医院に通院する事になりそうな人は、うわさでも口コミでも近隣の住民からの評判をチェックしてから歯科医院を決めていく事をお勧めします。

kei_blog

kei_blog

アラフィフ多趣味な投資家です! この年になっても、好奇心が旺盛で色々な事に まだまだ興味があります! 毎日を楽しく過ごすこと! ストレスはためない、悩まない、常に前向き! これが僕の健康方法です。 色々な話題にふれますので、良かったら読んで下さいね^^!

関連記事

特集記事

カテゴリー

最近の記事

  1. 今年の冬もラニーニャ現象が来ていて、12~1月が寒いらしい事

  2. アニメでも漫画でもアイドルでも、推ししている存在が居ると言うだけで人生を豊かに出来る可能性

  3. キャンプで焚き火するなら、ベルモントこの火バサミがおすすめ!

TOP